医療費控除 交通費

Sponsord Link


医療費控除には交通費も含まれます

確定申告で医療費控除を行う場合、年間の医療費が1世帯で10万円を超す場合に申請する事が出来ます。

 

申請出来る医療費には、治療の際に利用したバスや電車などの交通費も含まれていますので、申請時に、自分で明細を作成し、提出する必要があります。

 

電車やバスでの交通費の明細は、領収書が必要なく、メモ書き程度でも充分認められます。

 

また、医療費控除では、原則としてタクシーの利用は認められていませんが、公共交通機関を利用出来ない事情などがある場合には、使用を認められます。

 

その場合は、必ず領収書を貰う様にして下さい。領収書が無い場合のタクシー利用に関しては、控除の対象となりません。

 

また、病院に通うためにタクシーを利用したという事を証明する為に、一緒に病院の領収書も必要になりますので、こちらも注意して下さいね。

 

 

医療費控除で必要な交通費の書き方について

交通費の書き方については、特に決まりはありませんが、病院ごとに明細書を作成しましょう。

 

書き方については特に決まりはありませんが、交通費と記入し、かかった交通費の合計金額を書くだけでも大丈夫です。

 

ただし、1日で公共機関を利用する事が多くなってしまう場合は、出発地と到着地を記入し、1回の単価を記入し、そこに1日に利用する回数と合計金額を記入して下さい。

 

●●病院 
交通費

 

●●バス停留所〜●●バス停留所
1回●円   ●往復

 

1日に●回利用  合計金額 ●円

 

この様な感じで記入すると、税務署の方も分かりやすいでしょう。

 

バスや電車などの公共交通機関については、手書きで書くだけでも構いません。

 

タクシーを利用した場合は、領収書とその日に利用した病院の領収書が無いと認められないので、必ず添付して下さい。

 

ただ、最近はエクセルで交通費の内訳書を作成する方も多いそうです。

 

エクセルで作成した方が、税務署の方も見やすくチェックしやすいので、出来る方はぜひエクセルで作成してみて下さい。

 

エクセルで作成する場合も、上記の方法で作成して頂いて大丈夫です。

Sponsord Link