デイサービス 医療費控除

Sponsord Link


介護保険サービスでの医療費控除について

介護保険サービスは、医療費控除の対象とならない様に思えますが、一部控除対象となるサービスも存在します。

 

介護保険サービスには福祉系、医療系の2種類があり、医療系でのサービスであれば、居宅サービスも施設サービスも、自己負担額を医療費として申請する事が出来ます。

 

福祉系のサービスにおいては、同じサービスでも医療費として申告出来ないケースや、医療系のサービスと併用しなければ申告出来ないサービスもあるので、注意して下さい。

 

よくある質問としては、「デイサービス利用時にかかる食事代などは、控除対象として申告出来るのか?」という事です。

 

例えば、入院などで病院食になったとして、病院食が気に入らないからと勝手に外食をしても、医療費控除には含まれません。

 

では、同じ食事でも、デイサービスでの食事代は、控除対象として認められるのかどうかを、説明していきたいと思います。

 

デイサービスなどの介護サービスの食事代は控除対象?

デイサービスやショートステイでの食事代は、控除対象として認められるのでしょうか。

 

まず、医療系の控除対象のサービスとしては、訪問看護、訪問リハビリテーション、委託療養管理指導、通所リハビリテーション(デイサービス)、短期入所療養介護(ショートステイ)などのサービスの自己負担額が、控除対象として認められています。

 

その中で、医療系のデイサービス利用の場合、食事代も控除対象として認められていますが、福祉系のデイサービス利用に関しての食事代は、残念ながら控除対象外として扱われてしまいます。

 

ですが、医療系の居宅サービスと併せてのデイサービス利用の場合は、自己負担金額のみ控除対象とされているので、少しややこしい所ではありますが、ぜひ覚えておく様にしましょう。

 

Sponsord Link