介護タクシー 医療費控除

Sponsord Link


治療で必要な交通費も医療費控除の対象となります

医療費控除の対象となる医療費は、治療でかかった費用だけではありません。

 

治療を行う際に利用した、バスや電車などの交通費も、医療費として請求する事が出来るという事を、国税庁のホームページでも確認する事が出来ます。

 

タクシー利用に関しては制限が設けられており、タクシーを利用した際の領収書はもちろん、同日に受診した病院の領収書も併せて必要となります。

 

他、どうしてもバスや電車を利用出来ない事情がある場合や、出産などの緊急性を伴う場合にのみ、タクシー利用は認められています。

 

では、同じタクシー利用でも、介護タクシーの利用は、医療費控除の対象として、申請する事が出来るのでしょうか?

 

詳しく説明していきたいと思います。

 

介護タクシーは医療費控除の対象となるのか?

治療を受ける為に必要な交通費は、自家用車のガソリン代や駐車場代を除き、医療費として申告する事が出来ます。

 

タクシー利用も、必要と判断されれば、控除対象として申告出来る事になっていますが、同じタクシーでも、介護タクシーの利用については、控除対象となるのでしょうか?

 

この介護タクシーの利用料は、一般的なタクシーよりも遥かに料金が高いので、医療費控除として申請したい所でもあります。

 

もちろん、この介護タクシーも、医療費控除の対象として申告する事が出来ます。

 

ただし、介護タクシーの利用に関しても、バスや電車で通院出来ない「やむを得ない状況」である事が前提とされています。

 

車椅子の利用でバスや電車での通院が困難だったりする事を証明出来る場合にのみ、介護タクシーも控除対象とする事が出来るのです。

 

介護タクシーを利用しないと通院が難しいという事を、医師からの証明があれば確実に控除対象として申請出来る事でしょう。

Sponsord Link