介護保険 医療費控除

Sponsord Link


介護保険とは?

介護保険とは、40歳以上の人で、寝たきりや痴呆症などの病気で介護が必要になった場合、必要に応じた介護サービスを1割負担で受けられる制度の事です。

 

介護が必要となった旨を記載した介護認定の申請をし、申請が通れば介護保険を利用して、様々なサービスが受けられる事になります。

 

この介護保険で受けるサービスは、1割負担での利用になる為、医療費控除として申請する事が出来ないと思われがちなのですが、実は医療費控除として申請出来るケースも存在するのです。

 

医療費控除に該当するサービスを受けている方は、ぜひ医療費控除を申請する様にしましょう。

 

では、医療費控除の対象となっている介護保険サービスに関して、お話していこうと思います。

 

医療費控除として申請出来る介護保険サービス

介護サービスは居宅サービスと施設サービスがあり、主に医療系と福祉系に分ける事が出来ます。

 

医療系の居宅介護保険サービスとしては、訪問看護や各種リハビリテーションなどがあり、サービス利用時に支払った1割負担額、食費や施設滞在費用の自己負担額などが、医療費控除の対象となっています。

 

また、利用限度額を越える負担分も、医療費控除の対象として申請する事が出来ます。

 

福祉系の居宅介護保険サービスに関しては、訪問介護などや夜間対応型訪問介護など、医療系のサービスよりも介護に特化したサービスを受ける事が出来ますが、こちらは限度を越える負担額は、医療費控除としては認められていません。

 

次の施設介護保険サービスについてですが、医療系の介護施設は、自己負担額は全て控除対象となるのに対し、福祉系の介護施設に関しては、支払った金額の半分が控除対象として申請する事が出来ます。

 

特に福祉系のサービスの訪問介護や特別養護老人ホーム、グループホームなどは医療費控除の対象とならないので、申請の場合は注意して下さい。

 

これらの申請には、全て領収書が必要となりますので、必ず保管しておく様にして下さいね。

Sponsord Link