特定療養費 医療費控除

Sponsord Link


特定療養費とは一体何の為の費用か?

特定療養費とは、保険外の治療と保険内の治療が混合する際に施行される制度の事です。

 

本来、医療の世界においては、保険外治療と保険内治療を混合して請求する事は禁止とされており、保険外治療が含まれている場合、その全ての治療が自由診療となってしまいます。

 

ですが、この特定療養費の制度を利用する事で、保険外の特別なサービスや高度先進医療を受けた時、この対象とされる治療に対しては保険給付され、サービスやその他の部分の治療に関しては自費として請求する事が出来る、という事になります。

 

以前の様に、保険適応となる治療も自費扱いされる事が無くなった、という事ですね。

 

この費用は、差額ベッド代やベッド数200以上の病院の初診、再診、予約診療・180日以上の長期入院などの場合に請求する事が出来ます。

 

ちなみに、この制度が定められているからこそ、差額ベッド代などを徴収出来る事になっているのです。

 

この制度について分かりやすく説明すると、診療所と大きな病院の役割を分担する為に作られた制度です。

 

その為、風邪などの軽い症状でかかる場合には診療所を、大きな病気などで最先端の治療が必要な場合は、診療所などで紹介状を貰ってから大きい病院を受診する様に、と促されているのです。

 

大きい病院では診療所などの紹介状を必要とするのですが、それを飛び越して受診した患者に対して、手順を踏んで受診した患者と金銭面での不公平を無くそうと制定した制度でもある訳なのです。

 

特定療養費は医療費控除に入るのか?

特定療養費とは、紹介状を持たない初診患者や時間外診療、差額ベッド代に対して、病院が定める特定療養料を請求する事が出来ます。

 

この特定療養費を支払わなければ、診察を受ける事が出来ない仕組みとなっているのです。

 

国税帳のホームページにも記載されている通り、この費用を支払わないと治療を行えないという事から、特定療養費として徴収された金額に関しては、医療費控除の対象として申請する事が出来る、という事になりますね。

Sponsord Link