国税庁 医療費控除

Sponsord Link


医療費控除とは?

医療費控除とは、1年間に支払った医療費が10万円を越した場合や、所得が200万円以下の場合はその5%の医療費がかかった場合に、適応される制度の事です。

 

控除の対象となる条件には様々あり、申請する納税者と生計を共にする家族や親族のための医療費である事と、その年の1月1日〜12月31日までに支払った医療費である事が条件となっています。

 

また、医療費控除を行う事により、税金から医療費の一部が還元されるだけではなく、来年度の住民税も減額される事になるので、申請条件を満たしているのであれば、申請しておいた方が得と言えるでしょう。

 

医療費控除の詳しい話は、国税庁のホームページでも解説されており、還付される金額の計算方法や、医療費控除の申請に必要な用紙の記入方法などに関しても、記載されています。

 

ですが、ここでは更に分かりやすい様に、重要な点だけをピックアップして説明していきたいと思います。

 

医療費控除のシュミレーションをしよう!

では、医療費控除の申請の仕方などについてを、説明します。

 

まず、実際に支払った医療費から、健康保険などから貰った出産育児一時金や、入院給付金などのお金を差し引いた額を算出します。

 

その金額が10万円を越していれば、申請する事が出来ます。

 

申請してどの程度のお金が戻ってくるかは、その人の所得税率などによって変動してきます。

 

所得500万、妻と子が居る場合、税率が5%になるので、申請する控除額と税率を掛けて算出した数字が、還付金となります。

 

この計算の事をシュミレーションと呼んでいます。

 

大きな金額は戻ってきませんが、控除額の10%が、翌年の住民税から減額されるので、節税を狙うなら申請しておきましょう。

 

また、申請を行うにあたって、医療費明細書、交通費明細書、申請書A様式、年末調整済みの源泉徴収を用意します。

 

医療費、交通費明細書は共に自作で構いません。

 

申請書A様式は、国税庁のホームページでもダウンロード可能ですので、ぜひご利用下さい。

 

初めて申請する人は、後になって慌てない為にも、もう一度申請額の再計算や還付金額のシュミレーションなどを行なっておくと良いでしょう。

Sponsord Link