医療費控除 予防接種

Sponsord Link


予防接種は医療費控除の対象外?

医療費控除の対象外となる事項については、「美容や予防の為の治療」とされています。

 

例えば、審美面での歯科矯正や歯のホワイトニング、美容外科などでの二重形成手術、その他ではインフルエンザやロタウイルス、ヒブワクチンなど、予防の為の各種予防接種においても、控除の対象外とされています。

 

予防接種は意外に高額で、何回も打たなければいけないものもある為、医療費控除として認められれば良いのですが…。

 

残念ながら、通常の予防接種は、控除の対象外としてみなされてしまうのです。

 

しかし、全てにおいて控除の対象外になるのか?というと、そうではなく、例外として扱われるケースも存在するのです。

 

そのケースについて、詳しくお話していきましょう。

 

予防接種も医療費控除の対象となるケースとは?

通常であれば、医療費控除の対象外となる各種予防接種ですが、例外で控除の対象医療費として認められるパターンもあるのです。

 

一般的に、予防接種は健康の維持や病気の予防とされているので、医師の判断などが必要ない為に、医療費としては認められておりません。

 

ただし、家族で病人が出た場合、他の家族に移ってしまうと、何らかの悪影響がある場合などに対しては、医療費として申請する事が出来るのです。

 

他には、インフルエンザやロタウイルスなどに感染してしまった場合、命の危険があるとし、医師から予防接種を勧められた場合に対しても、医療費として認められる事もあります。

 

いずれにせよ、医療費として申告する場合には、医師の判断があるか、無いかが判断基準となってきます。

 

本来ならば、医療費控除として認められない予防接種であっても、医師が必要と判断した場合においては、医療費として認められる事もある、という事を覚えておくと良いでしょう。

Sponsord Link