医療費控除 還付金

Sponsord Link


医療費控除の還付金てどの位?

1年間の医療費が、健康保険などから支給された補てん金額を差し引いた合計額が10万円を超していた場合、医療費控除として申請する事が出来ます。

 

医療費控除として申請する事が出来れば、支払った医療費の一部が還付金として還元されるだけではなく、翌年の住民税からも減額されるので、1年の医療費が10万円を超えている場合は、ぜひ確定申告を行いましょう。

 

ただ、医療費控除を申請する際に一番疑問に思われるのが、「還付金てどの位戻てくるの?」という事だと思います。

 

医療費の半分が戻って来るというのであれば、必ず申請するけども、たった数千円の場合は、申請しても無駄なんじゃないか…と思われる方も、沢山居らっしゃると思います。

 

では、実際に、医療費控除を申請して還元される金額は、どの位になるのでしょうか?

 

医療費控除での還付金額のシュミレーションを行いましょう

先に説明しておきますが、医療費の一部が戻って来る制度と言いましても、大きな金額が戻って来る訳ではありません。

 

かかった医療費や、申請する方の所得税率によっても還付金は変動しますが、一般的に10万円の医療費で、戻って来る還付金はせいぜい5千円、多くて1万円程度だと頭に入れておいて下さい。

 

還付金額の計算方法は下記の通りです。

 

(医療費控除で申請した額)×(税率)=還付金

 

上記の計算方法に所定の数字を当てはめて、予め還付金額を計算する事を、シュミレーションと呼んでいます。

 

初めて医療費控除を行う場合など、シュミレーションで還付金額を把握しておくと良いでしょう。

 

例えば、夫の年収が500万、妻と子が居て税率が5%の場合での医療費控除について、説明します。

 

前年度の医療費が30万、健康保険からの補てん分などを差し引き20万円を医療費控除として申請した場合、20万(控除額)×5%(税率)=1万円が、還付金して還元されるお金になります。

 

申請する人の所得が多く、所得税の税率が多い場合は、その分倍のお金が還付される仕組みになっています。

 

その為、かかった医療費が低いほど、所得税率が低い程、医療費控除で戻ってくる金額は、微々たるものにしかなりませんが、ここで申請しておけば、来年度の住民税が安くなりますので、ぜひ申請しておきましょう。

Sponsord Link