医療費控除 生命保険

Sponsord Link


生命保険からの給付金があった場合の申告は?

怪我や入院の際、生命保険から給付金が貰える場合もあります。

 

その場合、年間でかかった医療費から、貰った給付金を差し引く必要が出てきます。

 

例えば、怪我で入院と通院を行った際、1年間で60万円の治療費がかかったとします。

 

生命保険から50万の入院・通院給付金が出たとすると、差し引き後の金額は10万円となりますね。

 

1年間に10万円以上の医療費を支払った場合に、医療費控除が受けられるので、この場合は申告対象となります。

 

また、治療費よりも、貰った保険金が多ければ、もちろん医療費控除は受けられません。

 

ただ、税務署も各個人が加入している保険を把握している事は無いので、この給付金を隠して申請する方も居ます。

 

確かに少額の給付金については、税務署は関与しないかもしれませんが、保険会社から個人にいくらの給付金を支払った、という旨の書類が税務署に提出されているはずです。

 

その為、保険会社からの証明と、個人の申告書を照合すれば、一発でばれる事になりますので、虚偽の申請は絶対に避けましょう。

 

給付金を差し引くと、申告出来ない場合について

年間に払った医療費と、生命保険から給付された給付金を差し引いてしまうと、医療費控除が出来ないケースもあります。

 

例えば、入院と通院に20万かかり、その入院と通院に対して、生命保険から30万の給付金が支払われたとします。

 

他にも10万円の医療費がかかった場合、合計で30万の医療費と、30万円の給付金の収入がある事になりますね。

 

この30万は、補てん金額として差し引かなければいけないので、結果的には医療費控除は0となり、申告出来ません。

 

ただし、給付金の対象となった医療費を申告しなければ、給付金も補てん金額に含まれる事もありません。

 

なので、入院の他にかかった10万円の医療費だけを申請するという事も可能なのです。

Sponsord Link