医療費控除 インフルエンザ

Sponsord Link


予防接種は医療費控除の対象となるのか?

医師の指示や判断の元に行った治療に関しては、医療費と認められ、医療費控除として申請する事が出来ます。

 

医療費控除として認められれば、支払った一部の医療費が税金から還元されるので、ぜひ申請しておきたい所です。

 

しかし、医療費として認められない治療も中には存在します。

 

例えば、インフルエンザや子供のワクチン接種などの予防接種は、あくまでも「病気の予防」として見なされる為、医療費控除で申請する事は出来ません。

 

ただし、子供のワクチン接種など、必ず打たなければいけない予防接種においては、市からの助成で無料で行う事も出来ます。

 

子供のはしかや風疹の予防接種においても、決められた期限内であれば無料で接種する事も出来ますが、期限を過ぎると実費で受けなければいけないので、ご注意下さい。

 

その他インフルエンザなど、各種予防接種においても、医療費控除の対象外となっていますので、申請する場合はお気を付け下さい。

 

医療費として認められる予防接種もあります

病気の予防として扱われる為、医療費控除の対象とはならない予防接種ですが、実は医療費として認められるパターンもあるのです。

 

例えば、何らかの病気で治療・療養中に、インフルエンザなどの病気にかかると生死に関わる、と医者が判断し、予防接種を指示した場合においては、治療の一環として認められる事もあるそうです。

 

また、B型肝炎ワクチンの予防接種に関しては、治療の一環としてみなされます。

 

ただし、医療費として申請するにあたり、制限もある事を説明しましょう。

 

まず、このワクチンの予防接種は、B型肝炎の患者を介護する者、及び同居する家族に限り、B型肝炎ワクチンの予防接種は医療費として申請する事が出来ます。

 

ですので、同居人にB型肝炎者が居ない場合においては、医療費としては認められませんので、ご注意下さい。

Sponsord Link