医療費控除 不妊治療

Sponsord Link


不妊治療は医療費控除として認められるのか?

結果から言うと、不妊治療は医療費控除として申請する事が出来ます。

 

不妊治療には様々な検査や治療がありますが、体外受精や投薬治療、婦人疾患治療の名目での鍼灸なども、医療費控除の対象となっています。

 

また、不妊に関しては原因が不明、という場合も多くありますが、事実上は「医師による治療」とみなされます。

 

原因が不明でも、例え体には何の問題が無いとしても、不妊に対しての治療として、医療費控除出来る仕組みになっているのです。

 

他の病気に関しても、原因が不明でも治療が必要だと医師が判断した場合においては、医療費として認められるという事を、覚えておきましょう。

 

また、保険適応外の治療であっても、不妊治療の場合は医療費控除が受けられます。

 

自費による治療は高額になる事から、医療費として認められる治療に関しては、必ず医療費控除として申請した方が良いでしょう。

 

不妊治療で医療費控除を申請する場合

不妊治療で医療費控除を申請する場合も、通常の申請と同じ様に手続きを行います。

 

申請する年の医療費明細書と交通費明細書、源泉徴収書、申請書A様式を一式用意し、税務署へ提出します。

 

医療費として認められる場合として、不妊治療に関わる治療を行った場合に申請する事が出来ます。

 

例えば、体外受精や漢方薬、サプリメントなどの投薬、婦人疾患の為の鍼灸・マッサージや骨盤矯正なども対象になります。

 

ただし、マッサージ師など、無資格者による施術は医療費として認められませんので、ご注意下さい。

 

国家資格を有する者の治療や施術のみが、医療費控除の医療として認められているのです。

 

また、交通費に関してですが、体外受精当日に使用したタクシー代や、病院が東方にあり車で行けない場合の高速バスなどの交通費も、場合によっては認められる事もありますので、治療に関わる交通費の領収書は、全て保管しておきましょう。

Sponsord Link