医療費控除 駐車場代

Sponsord Link


医療費控除に含まれる場合の交通費について

病院で治療を受ける為に利用したバスや電車などの、公共交通機関を利用した場合の交通費も、医療費として申請する事が出来ます。

 

基本的にタクシーは認められてはいませんが、病院への交通機関が無い場合や、バスや電車で病院まで行けない特別な理由がある場合などに限り、タクシーの利用は認められています。

 

出産時や急な事故や怪我でのタクシー利用も、領収書があれば医療費として認められます。

 

これらの交通費を医療費として申請する場合、バスや電車などに関しては、領収書は必要ありません。

 

1日に何回バス・電車を乗り継ぐか、その合計金額をメモ帳などに書き記しておけば、それが交通費として認められます。

 

タクシーに関しては、利用時の領収書と共に、同日にかかった病院の領収書も必要になって来るので、気を付けて下さい。

 

病院の領収書も確認出来なければ、交通費として申請する事は出来ません。

 

ちなみに、交通費は本人利用分のみを申請するのが原則ですが、子供の病院の付き添いが必要な場合などに限り、本人以外にかかった交通費も医療費として申請出来る事になっています。

 

ただし、マイカーでの病院までのガソリン代や駐車場代は、医療費としては認められていませんので、申請する事は出来ません。

 

病院の駐車場代は、医療費控除で申請出来る?

自家用車で病院へ行った場合のガソリン代や駐車場代は、厳密には医療費として認められていないので、医療費控除として申請する事は出来ません。

 

その理由としては、国税庁のホームページによりますと、この場合の交通費とは、医師が診断や治療をする為に必要だと診断した場合に利用した通院費である事と、電車やバスなどのように、人的役務の提供の対価として支出されるものを指す、とあります。

 

なので、自家用車での病院の送迎などに関しては、どんな事情があるにせよ、認められないという事になっているのです。

Sponsord Link