医療費控除 診断書

Sponsord Link


歯科矯正は、医療費控除として認められるのか?

医療費控除を申請するにあたり、全ての治療が医療費として認められる、という訳ではありません。

 

中には、医療費として認められない治療も存在します。

 

その中でも歯科の治療に関しては、自由診療であり、高額な材料を使用すると、治療費も高額となる場合が予想される為、一般的な支払い額を超え、高額な治療費となる場合は、医療費として認められていません。

 

例えば、審美面や容ぼうを美化する為のインプラントや、歯科矯正など。

 

インプラントは1本が数万円もする、とても高額な治療であり、数本の歯を治療しただけでも、数百万に登る事もあります。

 

歯科矯正も、保険外の治療になるので、何十万もの費用が必要となります。

 

基本的に、これらの高額な医療に関しては、医療費控除としては認められないという事ですが、例外のケースも存在しているのです。

 

歯科矯正が医療費として認められるケースとは?

歯科矯正を受ける人の年齢や、矯正の目的により、医療費として認められるケースも出てきます。

 

例えば、矯正を受ける患者が子供で、治療の理由が「発達に悪影響を及ぼす為に、必要とされる歯科矯正」だった場合については、医療費として控除を受ける事が出来ます。

 

その他、医師が治療において必要だと診断があれば、医療費として認められる事があるのです。

 

その場合、医師が判断した旨の証明書や診断書が必要となってきます。

 

この診断書を一緒に提出しないと、医療費として認める事が出来なくなります。

 

診断書や証明書などの作成料においては、各病院によっても値段が違ってきますが、安い病院で2千円から、高くても5千円程で作成して貰えるでしょう。

 

ちなみに、この書類作成料は、医療費としては認められませんので、医療費控除として申請する事は出来ません。

Sponsord Link