医療費控除 保険外負担

Sponsord Link


保険外負担の治療は、医療費控除が出来るのか?

医療費控除を申請出来る医療費の基準として、まず始めに「医師の判断」があるかどうか、という部分が重要となります。

 

医師が治療を行う際、このままでは体に悪影響を及ぼしたり、治療を進める上で必要な治療だと判断するのであれば、保険外負担の治療であっても、医療費控除として申請する事が出来ます。

 

その際は、医師の診断書や証明書などが必要になりますので、必ず作成して貰う様にして下さい。

 

逆に、医療費として認められない場合は、そのままにしていても何ら問題は無いが、美容や審美面、予防など、自らの意思で行った場合の治療に関しては、医療費とは認められません。

 

ただし、医療費として申請出来る金額は、200万円までと決められています。なので、それ以上を超す医療費については、申請する事は出来ないので、ご注意下さい。

 

歯科などでの保険外負担分も医療費として認められるのか?

歯科などでインプラントや歯科矯正など、保険外負担分がある治療を行った場合、医療費として認められるケースと、そうでないケースについてごご説明します。

 

歯科に関しては自由診療である為、高価な材料を使用する場合、治療代が高額になる恐れがあります。

 

例えばインプラントも、1本でもとても高額ですよね?

 

その場合、一般的に支出される水準を著しく超えてしまうと、医療費としては認められないという事になっています。

 

ですが、そこに医師の判断があれば、医療費として認められるのです。

 

例えば、虫歯や事故などにより歯を失った場合です。

 

治療を行う人の年齢や体質などを考慮した結果、通常の治療よりもインプラントが必要と医師が判断すれば、その診断書を元に医療費として申請する事が出来ます。

 

歯科矯正に関しても、保険が効かない保険外負担の治療となりますが、容ぼうを美化するだけの治療では認められていません。

 

ですが、かみ合わせが子供の成長に悪影響を及ぼすと判断された場合など、治療や健康上、どうしても必要と診断された場合においては、医療費として申請する事が出来ます。

 

同じ治療でも、医師の判断の元で行った保険外負担の治療に関しては、医療費控除として申請する事が出来るのです。

Sponsord Link